ライフスタイル

衣類乾燥機は電気とガスのどちらがおすすめ?

電気衣類乾燥機とガス衣類乾燥機、どっちが良い?

衣類乾燥機には電気衣類乾燥機とガス衣類乾燥機の2種類がありますが、皆さんはこの2つを比較した時にどちらの乾燥機を使用したいですか?

ここではお互いの衣類乾燥機のメリットなどを紹介しながら、どのような方にどちらがおすすめなのかを説明していきます。

電気衣類乾燥機の特徴

一般的に家庭への普及率の高い電気衣類乾燥機は、家の中で設置場所をあまり気にせず置くことのできるタイプです。

取り付けが簡単なため自分でも設置できるように、衣類乾燥機と言えばこちらを選択される方が非常に多くなってます。

賃貸にお住いの方ならば、大体の方がこちらを利用することになるはずです。

本体の金額は電気衣類乾燥機が圧倒的に安いので、価格や手軽さを考慮した場合は必然的にこちらになるでしょう。

これはイメージ先行でありますが、電気はガスのように火災や爆発の不安がないので好まれやすい傾向にあります。(実際にはどちらも安全性に優れてます)

電気衣類乾燥機は長時間運転が必要

そんな電気衣類乾燥機にもデメリットがあり、なかなか乾燥しにくいという点があります。

にもかかわらず電気代はそこまで安く済むというわけではないので、割りに合わない場合も多く存在します。たくさんの方々に利用されているのですが、利点だけとは限らないようですね。

ガス衣類乾燥機の特徴

ガス衣類乾燥機は電気衣類乾燥機に比べると、一般家庭にそこまで普及はされてません。コインランドリーなどに設置される乾燥機は全てがガス式ですね。

ガス衣類乾燥機のメリットは乾燥させるまでの時間が早いこと。

ベランダなどでの天日干しをするよりもはるかに乾燥させる力が強いため、ダニや菌などの殺菌効果が高く、黄砂や花粉などが付着する心配もありません。

なんといっても衣類の仕上がりに定評があります。

比較して一目瞭然、ふんわりした仕上がりです。コインランドリーの乾燥後を想像して電気を導入すると、ちょっと違った結末になるのではないでしょうか。

光熱費が安いうえに短時間で仕上げます

しかも、光熱費はガス式に分があります。

電気式はガス式より長時間の稼働が必要。対するガス式は短時間で終わらせます。使用している時間が短く済むのもあり料金も安く済む傾向にあります。

メリットがとても多く便利なガス式の乾燥機なのですが、デメリットはとてつもなく大きいです。

優れたガス式でも、人気は電気に勝てません

ここまでの説明を聞くと「ガス一択でしょ!」と思うところですが、現実は電気衣類乾燥機の需要が圧倒的に勝ります。

その理由は

初期費用。本体は高額。そして面倒とも言える工事に、工事費の発生。

いくら便利とは言え、考えるほど迷います。電気式は購入して即座に使用可能ですからね。

多くの家庭では乾燥機を設置させたい場所にガスが通っていないので、しっかりと業者を呼んで取り付けをしてもらわなければなりません。それに伴い、どうしても設置困難な家庭もあります。

おわりに

2つの異なる衣類乾燥機のメリットとデメリットを紹介させていただきましたが、皆さんは実際にこれから自宅に取り付けるのならばどちらの衣類乾燥機を選ぶでしょうか?

・本体価格の差
・光熱費の問題
・設置に工事費の有無
・乾燥が早いか遅いかの違い
・仕上がりの違い

さまざまな点はありますが設置する状況を自分で判断し、後悔のない購入ができることが1番だと思います。

近年どちらのタイプの乾燥機も性能は確実に上がってるので、レビューや口コミを元に選択するのもありですね。

乾燥機能付き洗濯機のメリットとデメリット
乾燥機付き洗濯機を購入した感想!メリットとデメリット2018年に10年近く使った洗濯機が壊れたことを機に、日立の乾燥機付き洗濯機を購入しました。電気式で洗濯後そのまま乾燥モードに切り替える...