お役立ち情報

ハウスダストには空気清浄機が効果的!加湿器の組み合わせで効果アップ。

目に見える部屋の隅などのホコリや汚れなどは意識して取り払うことが可能ですが、空気中に舞うハウスダストは実に厄介です。

ハウスダストは部屋に充満する空気中のホコリ。アレルギーや病気の素になるものでその名前とは裏腹に健康面にも悪影響を与えます。

今回はそんなハウスダストに対処するための家電、空気清浄機や組み合わせることで相乗効果のある加湿器について紹介します。

ハウスダストとは

ハウスダストはその字の通り室内、もしくは家の空気の中で浮遊しているホコリのことです。

基本的には1mm程度の大きさのものが多く、目に見えることはないながら人間の生活に大きな影響を及ぼすこともある毒素です。

ハウスダストの種類

同じハウスダストでも家の中で発生するものと、家の外から流入してくるものがあります。

家の中で発生するハウスダストには例えば、ダニやノミなどの糞、髪の毛やフケ、衣服の繊維やタバコの煙といったものが該当します。

家の外から流入してくるものには、よくアレルギーの素として話題に上がる花粉や黄砂、カビなどや土砂由来のホコリや病原体もハウスダストに含まれます。

ハウスダストが原因で起こり得る病気

ぜんそく
ハウスダストは主に呼吸から体内に侵入して外を発生させるものなので、気管支に影響を与えることが多いです。中でも気管支喘息という病気は小児成人問わず多く見られる影響です。

アレルギー
もう一つ代表的なものが、アレルギー性の病気です。アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎は特によく見られる症状で、原因がハウスダストにあると判断して対処するまで一向に改善しないことも多いです。

アトピー性皮膚炎
あまり聞かないこととは思いますが、ハウスダストはアトピーの原因となることもあります。アトピーは食べ物からの影響が多く、こちらもハウスダストに原因がある場合気付くのが遅れて症状が一向に改善しないということもよくあります。

空気清浄機の分類

一言に空気清浄機と言っても様々な種類があり、どれがハウスダストに効果的なのか悩んでしまうかと思います。

特に空気清浄機の効果を最も左右するのは、フィルターになります。

HEPAフィルター
HEPAフィルターは非常に小さい粒子もしっかりと捉える強力なフィルターです。一般的にハウスダストは1mm程度のサイズですが、HEPAフィルターでは0.3μmもの小さな粒子を捉えられるので確実にハウスダストを浄化することが出来ます。

電気集塵フィルター
電気集塵フィルターは静電気によってハウスダストを取り除くことが出来るフィルターです。このフィルターは洗浄することで何度でも使えて、省資源省エネルギーといった特徴があります。通常のフィルターのように目詰まりが起こらず、常に強力な正常能力を保ちます。

ハウスダストへの空気清浄機の効果は?

ハウスダストには実際に空気清浄機は効果的なのでしょうか?

空気清浄機によるハウスダストの除去効果には既に様々な検証がされており、実際にフィルターを通した空気にはほとんど、もしくは一切のハウスダストを取り除くことが出来ます。

しかし、いくら空気清浄機の効果が高くとも、室内や外部から入ってきたホコリが空気清浄機に処理される前に体内に入ってしまえば意味がありません。

ハウスダストの完全な除去のためには、空気清浄機をしっかりと選ぶ以外にも日常的にハウスダストの生まれづらい部屋にすることが大切です。

加湿器は空気清浄機と組み合わせることでハウスダストへの効果増

もうひとつ、空気清浄機と並んでハウスダストに有効的なものが加湿器です。部屋の湿度を上げることによって、ハウスダストが自由に浮遊しづらくなり、空気清浄機がハウスダストを捉えやすくなります。

また加湿することで、ハウスダストの中でもウィルスやカビの活性を下げる効果があると言われます。

空気清浄機にはこうした加湿効果が付属しているものもありますので、他に加湿器がなければ加湿機能が付いた空気清浄機を選ぶのがよいでしょう。

ハウスダストを抑えるために

ハウスダストは生活する上でどうしても少なからず発生するもので、完全に取り払うことは出来ません。

その上ハウスダストによる病気はなかなか原因がハウスダストにあるとは気付きづらく、重症化してしまうことも多くあります。

空気清浄機に出来ることはそうした害のある空気中の毒素を吸着して減らす一助となることのみで、普段から部屋を綺麗にしてホコリの舞いづらい環境を作ることが何よりも大切です。