お金

大学生時代のクレジットカード返済額が20万円。親にお金を借りてなんとか返済した話

クレジットカードの返済で大失敗した話

クレジットカードの怖さを思い知った大学時代。

大学3年生になった僕は自己アフィリエイトをしてクレジットカードを作りました。

自己アフィリは自分で商品を購入して商品を得るシステム。カード系なら短時間で数万円の利益も可能。

当時はクレジットカードを持ってる同級生はあまりおらず、少しリッチになった気分でいました。

そのころアルバイトは週4回ほど入れてまして、貯金額はおおよそ8万円くらい。どこにでもいる普通の大学生ですね。

今回はそんな僕が、クレジットで恐ろしい目に遭ってしまうお話です。

ファッション好きが裏目に

ある日友達と大阪で服を買いに行くことになり、試しにクレジットを使ってみることに。僕はスニーカーと帽子、アウターやTシャツなどを爆買いして合計60,000円ほどの支払いになりました。

この時は「来月のバイト代で返せばいい。」くらいにしか考えて泣く、自然と普段の食事代や生活用品などもクレジットで払うようになり、気づいたら10万円を超えです。

しかしこの時まだクレジットが10万円を超えているなんて気にもしていませんでした。

そんな中大好きなファッションブランドの新作が出てどうしても買いたくなってしまいました。

この時にクレジットの締め日を勘違いしてしまっていた僕は、今日からは再来月の支払いだから買うことができる!と思いその新作を10万円分買ってしまいました。

母親に泣きついて10万円を貸してもらう

クレジット支払いの数日前にインターネットから今月の支払い額の明細を確認してみると「20万円」と書かれていました。

僕は驚いてクレジット会社に電話をかけ、ここで初めて締め日を完全に間違えていたことに気づきました。

なんとかリボ払いに変更できないか聞きましたが、結果は不可能。

現在自分が所持している金額は12万円ほどでガス代や電気代、生活費などを考えるととてもじゃないけど払えません。迷った挙句に母親に電話をして貸してもらうことにしました。

怒りつつも貸してくれた母。

もし母親が10万円を振り込んでくれなかったら、今頃借金の利息に追われるような生活をしていたかもしれません。

またクレジットカードを使うときは必ず締め日や支払日を確認した上で使わないと痛い目をみると痛感。自分の母親にすこぶる感謝です。

その後のアルバイトでなんとか返済

その数日後に無事クレジットの返済を済ませてガス代、電気代を払い今月は1万円しか無くなってしまいました。

来月入る8万円は全て母親に返す分。とにかく派遣会社に登録をしてアルバイトのない日は大学を休んで派遣に出向です。

今月だけで14万円の収入。母親にも全て返済をすることができました。

それからはクレジットカードはほとんど使わなくなり現金払いです。当時はクレジットカードの使い方を間違えてしまったなとすごく反省をしています。

クレジットカードは収入以上に使ってはいけない

クレジットカードを使うときは最低でもカードの利用枠を1ヶ月で稼いでいる人ではないとダメだなと思いました。

僕の場合はカード利用額の3分の1すら稼いでいなかったのに、カード利用額の半分以上を使ってしまったので大失敗になりました。

母親が助けてくれましたが、もちろん助けてもらえずに大変なことになってしまう人はたくさんいると思いますので、そうならないように自分で早めの対応を心がけることでしょう。

例えば「リボ払いに変更する期日」を確認しておくだけで自分で計画的に変更が可能です。そのあたりもしっかりと考えて計画的にクレジットカードを使うことをお勧めします。